■需要が高い
リフレクソロジーは近年施術するための資格を取得する人が増えていますが、今後の需要はさらに高くなっていくと言われています。

わかりやすく言うと、リフレクソロジーは足裏マッサージのようなものとなりますが、痛みを感じることはほとんどなく、強く足裏を刺激するものとは違っています。

足の裏には様々なツボが集中して存在しており、こうしたツボを刺激してあげることによって、体内の血行促進や代謝のアップ、免疫力の向上、ストレスの緩和などに役立てられています。

日本では現在取り入れられていませんが、海外ではすでにリフレクソロジーは末期看護として取り入れているクリニックなども沢山あり、ホスピタルケアを考えた場合でも非常に役立つ方法となっています。

■体を正常に戻してくれる
心身ともにリラックスすることができるのはもちろんですが、しっかりと血液を上半身に送り返し綺麗な状態へと導いてくれるため、たくさんの病気の予防や改善に役立てられています。

ここでも書いてあるように、私たちの体内では知らず知らずのうちに老廃物が蓄積され決意を妨げていることがわかっていますが、リフレクソロジーを行うことで血液の循環が良くなり、老廃物の排出、そして蓄積の予防に役立てることができます。
ソース元:クイーンズウェイのリフレクソロジー・スクール

近年のスパやエステなどでもリフレクソロジーは取り入れられていますが、医療の現場でも活躍している方法となるので、それだけ体に良い働きをもたらしてくれることがわかります。

上記したように下半身に流れてきた血液はしっかり上半身に戻してあげなくてはなりません。

しかし体内の代謝が低下したり、様々な臓器の機能が低下することによって、下半身にいつまでも滞り、老廃物の蓄積を誘発してしまったりするので、リフレクソロジーはアンチエイジングやダイエットにも効果的な事がわかっています。

■ストレスを感じずに健康を手に入れる
痛みを感じる方法であればストレスになってしまう懸念もありますが、リフレクソロジーは痛みを感じない方法となるので、年齢や性別などはありません。

体調の悪い時でもポイントを絞ったリフレクソロジーを受けることにより、体調が改善するということもあります。

さらに代謝がアップすることで疲れにくくなるメリットや、お肌が美しくなるメリットもあります。

非常に大きなリラクゼーション効果を持ち、日頃のストレスを緩和することができるので、これまでリフレクソロジーを受けたことのない人は一度受けてみると良いでしょう。

今後日本でリフレクソロジーが医療に役立てられるかどうかはわかりませんが、海外の先進国の病院で導入されている事実を見ても分かる通り、体に悪影響を与えるものではなく、良い効果のみを与えてくれるものとなります。

このように非常に人気を集めている方法となるので、施術をする側のリフレクソロジーの資格を取得する人が増えているのも納得です。