ホテル内で出来るネイル

今やすっかりファッションの一部となったネイルですが、ネイルは自分では出来ないことが多いというデメリットがあります。
日常生活の中でネイルがダメージを受けてしまった場合にはサロンにいって直してもらうなどの処置を取らなければなりません。
日常生活であればそれで良いのですが、もしこれが旅行先などで起こってしまった場合には出先ではサロンに行きにくく、難しいということがあるでしょう。

そういった時に利用することが出来るのが、ホテル内サロンです。
最近のホテルではサービスの一環としてサロンを持っていることが多く、そのサロンのなかでネイルサロンも行っている事が多いのです。
これを利用すると、旅行先でも気軽にネイルサロンを利用することが出来るようになるでしょう。

ここではその一例として、スイスホテル南海大阪内にあるネイルサロンについて紹介していきたいと思います。
このホテル内ネイルサロンでは、ハンドメニュー、フットメニュー、メンズメニューといったメニューごとにコースが用意されており、様々なネイル処理をうけることが出来るようになっています。

まずはハンドメニューですが、ハンドメニューにはケアコース、カラーコース、ソフトジェルクリアコース、ジェルオフコースの4つのコースがあります。
ケアコースは爪を整えて甘爪をケアし、仕上げを行なうなどのネイルの補修を行ってくれるケアです。
カラーコースでは更にカラーリングも行ってくれるため、出先でネイルカラーを変更することができます。

ソフトジェルクリアコースでは爪を整えた上でドライケアを行ってくれます。
ジェルオフはつけていたネイルを外すコースで、価格もリーズナブルなので気軽に利用することができます。

その他のメニューとコース

フットメニューは足のネイルに向けたメニューとなります。
こちらも4つのコースがあり、それぞれ違った処置を行ってもらうことができます。

まず1つ目は角質ケアコースです。
フットバスと角質除去、最後に保湿という3つを行ってくれるサービスとなっていますので、旅先で疲れた足を癒やすことができるでしょう。

カラーコースでは角質ケアコースに加えてカラーリングを行なうことが出来ます。
マニュキュアに比べて行ってくれる場所が少ないペディキュアが行えるのも嬉しいポイントとなるでしょう。
ソフトジェルとジェルオフコースはハンドメニューと同じく、出先でもネイルを外すことができます。

最後にメンズメニューですが、こちらはカラーリングなどは行わず、ケアをメインとしたコースとなっています。
ハンドケアコース、フットケアコース、角質ケアコースの3つとなっていて、それぞれ疲れを癒やすことができるコースとなっているので、男性でも利用しやすいでしょう。