■資格には様々なものがある
ホテル内で働いているエステティシャンやその他、様々な美容サロンでの施術を行っている人々は有資格者となり、必要に応じた資格を持っています。

エステ行う際にはエステティシャンとしての資格を持っていなければならないので、エステティシャンスクールに通い、しっかりと授業を受けた後、試験に合格している必要があります。

その他近年では美容サロンとしてアロマを使った施術を行うところなどありますが、こうした所で働く場合には、アロマセラピストとしての資格を持っていなければならなかったり、その他美容についての資格を持っていることが条件となります。
ソース元:アロマセラピストの資格

スキンケアアドバイザーなどの資格も持っていると就職先を探す際に有利になります。

資格の中には、上級資格以外は在宅試験を受けることができるものなどがあるので、ホテル内のサロンで働きたいと思っているのであれば是非対応している受講をして、試験を受けてみるのも良いでしょう。

■常に勉強することも大切
知識については、次々と新しい技術方法などが開発されるため、ある意味での生涯学習をしておく必要があります。

新しく施術方法が開発される場合には、セミナーなどを受けて、方法や効果について詳しく知っておく必要があります。

その他自分なりにテキストなどを読みながら、さらに深めていくことも可能です。

大きなホテルになるとホテル内で定期的に検診が行われたりすることもあるので、こうした研修でこれまでの知識に加え、新しい知識を吸収することもできるのではないでしょうか。

エステティシャンの資格に関しては国内だけで使用することができるものと、国際的に使用することができるものがあり、国際的に使用することのできる資格を有していれば、系列の海外ホテルの勤務をすることなども可能になるでしょう。

何の資格も持たないスタッフが施術を行うわけではなく、必ず専門的な資格を持っているスタッフが施術を行っていきますので、心配はありません。

ホテルだからといって、技術が低いことなどはありません。

■技術を磨くためにも研修を受ける
特にアロマを取り入れているようなホテルの美容サロンであれば、機械には一切頼らない施術方法となるので、その分頻繁に研修が行われたり、技術を確認するための実技テストが行われていたりすることもあります。

美容についての資格を持っていたり、知識を持っていたりするのはお客様の為だけではなく自分自身にも役立つこととなるので、近年では資格を取得する人も増えてきています。

エステティシャンスクールに関しても通学と通信などがあるので、働きながら資格を取りたい場合には、通信でなおかつスクーリングシステムが整っているものを選ぶようにすれば、仕事と資格資格取得を両立させることができるのではないでしょうか。